コンセプト

もっと、セキュアなメール環境を。~そのメール、ヒヤリ・ハットですんでよかった。~

メールを安心・安全・快適に使うのに、組織的なリスクマネージメントが必要な時代です。
押し寄せるスパムメール、標的型攻撃メールの巧妙な手口、減らない情報漏えいなどセキュリティを脅かす事故は一向に減りません。また、情報漏えい事故が多発している状況の中、ビジネスの中心であるメールコミュニケーションにも関わらず、セキュリティ面での不完全さを露呈していると言わざるを得ません。この課題を残したままでは、企業のコミュニケーションツールとして、これまでのように使うことは難しい状況なのです。

私たちは、OneOfficeメールソリューションを通じて、お客様に「安全で快適なメール環境」を提供することで、「もっと簡単に」、「もっと安全に」、「もっと安価に」、ビジネスコミュニケーションを行ってもらいたいと願っています。

お客様を支える万全な運用体制

お客様センター
「心のこもったカスタマーサポート ~あなたの困ったを解決したい~」をモットーにお客さまのことを考えてすばやく丁寧に対応します。
サポート窓口
フリーダイアル、e-mailの対応で、お客さまからのお問い合せを受け付けています。
受付時間は、9:00~12:00、13:00~18:00です。
※土・日・祝日および弊社非営業日を除く
また、緊急時にはサポート時間を延長して対応します。
監視・保守体制
24時間365日の監視および保守体制で行っています。
障害・メンテナンス告知
お客様サポートサイトへの告知でお知らせします。
また、障害発生時にはRSSによるプッシュ通知を行っています。
サービス稼動率
99.9%を目標に運用しています。
※事前に告知されたメンテナンス、DoS攻撃やスパムメールの大量配送によるセッション過多などの弊社の責に因らない原因によりサービスが利用しにくい、もしくはメールが配送遅延した場合、お客様環境やインターネット網に起因するアクセス不可を除きます。
認証取得
ISO9001(品質マネージメントシステム:QMS)を取得しています。
障害を再発させないために、障害発生後には事故対策会議を実施し、再発防止策の検討、対処を行っています。
ISO27001(情報セキュリティマネジメントシステム:ISMS)を取得しています。
外部からの不正なアクセス、紛失・破壊・改ざん・漏えいなどへの危険防止に対する合理的かつ適切な安全対策を行っています。
運用実績
2005年から1300社以上の運用実績があります。 安全、快適なメール環境を提供するために、経験豊富なスタッフが確実な運用を日々行っています。

お客様を支える堅牢なインフラ

東日本大震災を機に企業のBCP・DRへの関心が高まっており、企業の重要な資産であるメール環境やメールデータを災害時にも保全したいというニーズが高まっています。こうしたニーズにお応えするため、データセンター拠点を分散し、BCP・DR対策の強化を進めていきます。また、現在 東京-大阪間に敷設している総延長5,000㎞の自社保有光ファイバー網を岡山県まで冗長化した2つのルートで延長し、静岡データセンターと岡山データセ ンターを直結し遠隔バックアップなどを行うことにより、メールサービスの可用性を強化していきます。

自社光ファイバ網でセンター間を接続し、ワンストップで高可用なサービスをご提供!

BroadCenter岡山データセンター

BroadCenter静岡データセンター

お客様のご利用イメージ

「OneOfficeメールソリューション」は、多様化するメールセキュリティリスクに対応するため、1300社以上の導入実績を活かし安心で快適なメールコミュニケーションを提供します。
また、“メールボックス”を始め、ゲートウェイタイプとしても利用可能な“アンチスパム”、“メールアーカイブ”、“メール誤送信対策サービス(添付ファイルのZIPパスワード化/Webダウンロード、送信メールフィルタリング)”、“アンチウイルス”の6つのサービスから自由に選択可能です。

お客様を支えてきたこれまでの歩み

めまぐるしく変化を続ける企業のメールシステムに対する要望に応えることを最優先事項としてサービスの提供を行っています。

2005年4月 企業向けメールセキュリティをラインナップした
「OneOfficeメールソリューション」サービス開始
【提供機能】
・メールサーバ/Webメール/携帯Webメール
・アンチスパム/アンチウイルス
・メールアーカイブ・監査
2007年11月 1企業1専用環境型サービス「Uシリーズ」リリース
〜大企業ならではのニーズへ対応〜
2007年3月 アンチスパムにシスコ社「IronPort」を採用、隔離機能を中心に大幅に品質を向上
〜巧妙化するスパムへの対応を目的としたユーザ増加〜
2007年10月 メールアーカイブサービスのゲートウェイ型サービス提供を開始
〜日本版J-SOX法への対応を目的としたユーザ増加〜
2008年11月 専用型と共用型のハイブリット型シリーズをリリース
〜アクセス元の制限などのニーズへ対応〜
2008年12月 ご利用ユーザ数が1,000社を達成
〜1,000社達成キャンペーン実施〜
2009年4月 添付ファイルZIPパスワード化サービスをリリース
〜メール送信時のマナー徹底と誤送信対策を支援〜
2009年4月 メールサーバの標準機能であるWebメールのAjax化に対応
〜メールソフトと変わらぬ使用感でWebメール化を促進〜
2010年9月 URLフィルタリング・Webアンチウイルスをリリース
〜多様化するWebの脅威への対策と業務の効率化を支援〜
2010年12月 メールサーバにアクセス元制御の機能を追加
~社外からのメール送受信を制御することが可能に~
2011年3月 メールサーバの機能強化でiPhoneにも対応
~iPhone端末からでもメール機能の利用が可能に~
2011年8月 メールサーバの機能強化でAndroidにも対応
~Android端末からでもメール機能の利用が可能に~
2011年10月 送信メールフィルタリングサービスをリリース
~不適切な送信メールを排除し安全な利用を実現~
2012年1月 OneOfficeソリューションにグループウェアを追加
~OneOffice GroupWare iQubeの提供を開始しました~
メールボックス容量5GBプランを追加
~Webメール利用に合わせた大容量メールボックスが利用可能に~
2012年8月 メールサーバ機能がiPadにも対応
~iPhone端末に続いて、iPadでのメール機能の利用が可能に~
遠隔地バックアップでお客様データの可用性を強化
~Mail 2.0 / 2.1をご利用のお客様データを、標準で遠隔地データセンターへバックアップ~
OneOffice SafeClip 第二拡張子に対応
~OneOffice SafeClip の対応拡張子に、従来の 『.zip』 に加えて『.zi_』 が 登場~
2013年12月 OneOffice SafeClip 管理システムを提供開始
~暗号化の条件、パスワード通知時間、固定/ランダムパスワードなど自由な設定が可能に~
2014年4月 メール誤送信対策サービスの最新版をリリース
~一時保留、第三者確認、BCC強制変更、添付ファイルのダウンロード機能を追加~
メールボックスサービスの最新版をリリース
~アクセス元制限を自由に適用できるなど、ユーザ利用機能制限を30段階に拡張~
2015年4月 他社様サービスとのメールリレー連携強化対応
~“Google Apps”や“Office 365”とも連携が可能に~
メール経路の暗号化対応
~サーバ間での暗号化通信(STARTTLS)に対応~
お客様システムとのデータ連携機能をリリース
~自動連携オプションとポートレット連携オプションを追加~
  • お問い合わせ
  • 無料トライアル
  • 資料請求
  • 電話でのお問い合わせは0120-261-011
--
  • インバウンドセキュリティ
  • アンチスパム・ウィルス対策
  • メールデータセキュリティ
  • メールアーカイブ
  • メールボックス
  • アウトバウンドセキュリティ
  • メール誤送信対策
  • URLフィルタリング・標的型攻撃対策
--
  • カスタマーサポート
  • パートナー募集
  • Pracla
  • CloudFileServer
  • BuckupSolution
  • CloudPlatform
ページトップ